>

日本に自販機が多い理由

日本の自動販売機の進化

日本には至る所に自動販売機が存在していて、その存在は当たり前のものとなっています。
しかし、昔のようにただお金を入れてドリンクを買うだけではなく、さまざまな進化を遂げたものが多いです。

最初、日本に自動販売機が登場したのは1960年前後と言われています。
その当時から現在まで、自動販売機は日常の景色の一部となっていますが、その利用率は低下してきているようです。
コンビニやスーパー、ドラッグストアなどの普及が大きな要因の一つで、特に10代から20代の若い世代は生まれたときから当たり前にコンビニを利用していますので、自動販売機よりはコンビニとなってしまいます。

とは言え、外出時などの自動販売機の需要はまだまだあり、メーカーもスマホと連動させたり、災害対応のものを作ったりなどのさまざまな努力を続けています。

さまざまな自動販売機

自動販売機と言うとドリンクを買うイメージが大きいですが、現代ではドリンクだけではなく、さまざまな自動販売機を目にすることができます。
ここではどんな自動販売機が存在するのかをいくつかご紹介していきますので、興味のある方はぜひ利用してみてください。

ドリンク以外というとまず思い浮かべるのが食べ物です。
お菓子やカップラーメン、自動販売機で作られるうどんやそばなどはたまに目にして、買ってみることも少なくないと思います。
少し珍しいものとしては、野菜や果物、卵など普段はスーパーで買うことの多いものも続々と自動販売機の商品となってきているのです。

更にドリンクや食べ物以外のものも多くなってきていて、旅先で忘れてしまった時に便利な下着や、急に必要になってしまった時に安心な印鑑などの日常に便利なものもあります。


この記事をシェアする